少食と便秘

2013年02月11日

少食と便秘

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

きちんと食物繊維や水分を摂り、朝食後はトイレへ行って力む習慣を付けているのに、便がほとんど出ない、出る量が極端に少ない、という場合は、「少食」が考えられます。

便というのは、食べた物のカスや水分から成りますので、食べる量が少ないと、やはりそれだけ便も作られないので、便が出ない、出にくい訳です。

「少食」は便秘の原因なんですね。

元々、体質的に少食である場合と、ダイエットなどにより意識的に少食である場合とありますが、どちらもよろしくないむかっ(怒り)

改善する必要があります。

●体質的に少食である場合
私はこちらのパターンで、便秘や健康の為にも、良くないなあと思い、どうにか改善を試みました手(グー)

元々、体質的に少食の人は、胃腸が弱いんですね。

ちょっと食べ過ぎ、飲み過ぎると胃が痛くなる、あまり食べていないのに、すぐ満腹になる、などの症状があります。

大食いで、食べても食べても満腹感を感じないのも逆にいけませんが、少食で適量な便が作られないのも問題バッド(下向き矢印)

そこで、

胃腸に優しい、消化・吸収の良い食事

・しっかりと良く噛む(一口30回前後)

・ゆっくり、最低30分かけて食べる

楽しく、リラックスした雰囲気で食べる

を、心がけましょう。

にゅうめん(そうめんを温かくした料理ですね)、雑炊や茶碗蒸しなどが胃腸に優しい料理です黒ハート

また、緊張・ストレスで気が張り詰めている状態で食事をしても、胃腸も緊張・ストレスを感じて機能が低下し、消化・吸収が上手くいかないので、リラックスした状態で食べるのが良いですね。

毎食これを守るという訳にもいきませんので、できる時はなるべく心がけ、胃腸を強くし、少食の体質を変えていきましょう。

●ダイエットの為少食にしている場合
ダイエットで食べる量を控えているつもりが、便秘で出て行くことがないので、逆に体重は増えて却って痩せない、という経験もあるかと思いますもうやだ〜(悲しい顔)

確かにダイエット中の女性にはよくあるパターンですよね。

最近では、ダイエットの正しい知識を持つようになり、むやみに食事制限をしている人はいないでしょうが、痩せたければ、逆に、3食バランスの良い食事を、腹八分目食べることです。

カロリーを気にするようなら、白米を玄米や雑穀米に変える、おかずにこんにゃくや豆腐などを取り入れる(例えば、ハンバーグを豆腐バーグにする)など、量を減らすのではなく、食材で調整しましょうグッド(上向き矢印)

こうしていれば、便もきちんと出るようになりますわーい(嬉しい顔)

ダイエットで便秘になる、というのが一番いけないパターン、本末転倒ですので気をつけてくださいね。

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 便秘解消ゆみこ at 07:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。