便秘と漢方薬

2013年01月29日

便秘と漢方薬

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

私は便秘になり、市販の下剤や便秘に効くお茶を飲みましたが、改善されず、内科に行って整腸剤と下剤も飲みましたが、これも一時的に治るだけもうやだ〜(悲しい顔)

自分に合った薬や治療じゃないのかもしれない」「体質から変える必要があるかも!」と思い、漢方を飲むことにしましたパンチ

そして、結果的に、漢方薬で便秘を改善することができたのですexclamation

漢方といっても色々ありますが、私の体質や便秘のタイプに合った漢方薬だったので、効果があったといえます。

私は以下のようにして、最適な漢方薬に巡りあいました。

(1)まずは、漢方薬局選び
漢方薬の中には、ドラッグストアや薬局などに置いてあり、誰でも簡単に購入できる物もありますが、そういうのは飲まない方がベストどんっ(衝撃)

誰にでも効く=自分に合う漢方ではない、ということが言えるからです。

そこで、自分の症状や体質に合わせてオーダーメイド(調合)してくれる漢方薬局に行きましょう。

今や、漢方薬局は沢山ありますので、漢方の値段、薬剤師、知名度・有名度などから選ぶと良いです。

特に、東洋医学の専門知識・中医学の理論をもとに漢方薬を製造・販売しているような所が安心黒ハート

(2)漢方専門の薬剤師とカウンセリング・相談
初めて漢方薬局に行った時、まずは、体質診断、問診から始めました。

一口に便秘といっても、個人の体質によって便秘のタイプが違うそうで、まずは、その人の体質や全身の状態把握が重要とのこと手(グー)

診断チャートをしていって、私の場合は、熱タイプの便秘でした。

‘喉が渇きやすくて、冬でも冷たい飲み物を欲する’という項目を選んだからですねペン

他に、寒タイプの便秘(手足が冷えやすく寒がり)や虚タイプの便秘(気持ちが沈みがちで、虚弱体質)などという人もいて、実に数タイプもあるようです。

そして、次に、診断された体質に合う漢方薬をもらいます。

私のような熱タイプの便秘の人は、三黄散(さんおうさん)という漢方がピッタリ。

これには、黄苓、黄連、大黄という3種類の薬が配合されていて、身体の熱を取って冷やす効能もあり、私にはちょうど良いわけです手(チョキ)

このように、便秘だからと単に下剤を飲むのではなく、

自分の体質、身体状態の把握→その体質に合う漢方を飲む→体質を根本的に改善して便秘も治す

これが遠回りのようで、実は一番確実exclamation×2

私もこのおかげで、便秘が治っただけでなく、便秘を繰り返さなくなり、体質的に便秘にならなくなったのですわーい(嬉しい顔)

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 便秘解消ゆみこ at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。