老人の便秘

2012年10月30日

老人の便秘

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

私の祖母は、96歳のご長寿ですわーい(嬉しい顔)

20年ほど前に病気で入院するまでは、薬を飲む姿を見た事なかったのですが、病気以来便秘になってしまったというのですバッド(下向き矢印)

病院で薬を処方してもらい毎晩便秘薬を飲むのですが、それが心配になり、老人の便秘について考えてみました。

原因

・腸、筋力、反射機能の低下

身体の機能というのは、年齢を重ねると共に低下してしまうものふらふら

腸は、蠕動運動といって腸の筋肉を伸び縮みさせて便を送り出すのですが、加齢で大腸の働きが悪くなり、蠕動運動が上手く行なえなくなります。

その為、老人の便秘には弛緩性便秘になる人が多いのです。

また、腹筋が低下するので、便を押し出す力が入らなくなってしまうバッド(下向き矢印)

さらに、便が出そうという感覚を感じる反射機能が低下してしまうことで、便を出すタイミングを失ってしまうのです。

・内臓下垂

これも、筋力の低下が原因で起こるのですが、内臓下垂になると腸を圧迫してしまうことで、便の通り道を狭くし、蠕動運動がスムーズに行なえなくなるのです。

・水分不足

高齢者になると、喉が渇いたという感覚が鈍くなる事があります。

そのため、水分摂取量が減ってしまうことががく〜(落胆した顔)

また、年齢と共に薬を飲むことが多くなると思うのですが、利尿剤のように薬によっては体内の水分を吸収してしまうものもあるのです。

老人の便秘は、若い人とは少し原因が違うところがありますね。

祖母も、病気をして以来、急に弱った感じがあり、身体の機能自体が低下してしまっていたのでしょう。

若い人ならば、運動して筋力をつけようというアドバイスで改善できるかもしれませんが、老人に対いて運動は簡単には勧められません。

また、水分制限をしていることもあるでしょう。

そこで私が祖母にしたアドバイスは、食事でしたexclamation

食事での解消法

筋力の低下や腸の機能低下は、加齢のために起こることなので避けようがありませんよね。

その為、便自体を出やすい状態にしてあげることにしてみましたグッド(上向き矢印)

・納豆

納豆に含まれている納豆菌は、デンプンを分解する力があります。

デンプンは、分解される際にオリゴ糖ができるので、腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれます。

この歳までほとんど納豆を食べたことのなかった祖母ですが、最近のものはニオイが気にならない納豆が増えていることで食べることができましたわーい(嬉しい顔)

週に3回ほど食べる習慣をつけてからは、お腹が苦しくなったり、便が出なくて痛くなるようなことがなくなったと言っています。

・海藻

海藻のネバネバは、消化されるとドロドロになっていきます。

そのドロドロは、便をコーティグして移動をスムーズにしてくれるグッド(上向き矢印)

蠕動運動が低下している中でも、便が出口に向かってくれるので、排便へと繋がるのです。

いきむことが難しくなっていた祖母ですが、海藻を食べるようにしてからは便が出しやすくなったそうですexclamation

好き嫌いの多い祖母でしたが、孫の言う事はしっかり聞き入れてくれ納豆も海藻も食べるようにしてくれました。

おかげで便が出ずに薬に頼ることが、どんどん減ってくれたのです。

老人の体力や身体のことを考えると、便秘を放置していることもいけませんし、薬は強い刺激となってしまうことがあるので、身体の中からやさしく改善してあげることが必要なのですねわーい(嬉しい顔)

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 便秘解消ゆみこ at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。