腸内洗浄のリスク

2012年09月17日

腸内洗浄のリスク

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

私は、便秘が続いた後に排便があったとしても、スッキリ感というのを味わえないことがありましたバッド(下向き矢印)

こういう経験したことがあるという、便秘症の人は多いのではないでしょうか。

きっと腸内に便が残っているのでしょうねふらふら

これをスッキリさせるための方法として、腸内洗浄というのがあります。

◎腸内洗浄とは?

腸内洗浄とは、その名の通り腸内を掃除することなのです。

方法としては、いくつかありますが、皆さんが知っているのがチューブを腸内まで入れて行なう洗浄方法ではないでしょうか。

この方法は、肛門から腸の奥へチューブを入れ専用液を流し込むことで、腸内に溜まった便や老廃物を洗い流してしまうという方法ですexclamation

最近では、腸内洗浄専用のコーヒーもあるんですよ喫茶店

受けられる場所は、病院やエステなどで受けることができますが、最近では、自分でできる専用キットなどもあるのです。

私が腸内洗浄を受けたのは、クリニックでした病院

エステでも受けられるということですが、腸内に異物を入れたりすることから病院の方が安心して受けられると思ったからです。

しかし、総合病院のような大きな病院では腸内洗浄を便秘を理由に行なってくれるところは少ないと聞いていましたバッド(下向き矢印)

そのため、整形や痩身を行なっている美容外科で、腸内洗浄のあるところに行ったのです。

◎腸内洗浄のメリット

腸内洗浄の最大のメリットは、やはり、腸内がキレイになるということでしょうexclamation

排便でも出し切れなかった宿便や老廃物を排出することができます。

慢性の便秘の人は、宿便が多い人で5kgあると言われているのですが、腸内洗浄を行なうことでそれを排出する効果が得られるのですよ。

さらに、老廃物の排出から、デトックス効果が得られます。

デトックス効果が得られると、肌がきれいになるなど美容効果も高く、むくみ解消も期待できますねグッド(上向き矢印)

◎腸内洗浄のデメリット

腸内洗浄のデメリットは、危険を伴う行為であるということですexclamation×2

腸内にチューブを入れるのですから、場合によっては、腸壁を傷つけたり腹膜炎を起こすこともあるのです。

中には、腸壁を破ってしまったということもあったようですよがく〜(落胆した顔)

また、自力排便が困難になる場合や、排便がコントロールしにくくなる場合があります。

機能が低下した腸を無理矢理働かせるので、自力で腸が機能しなくなってしまう可能性があります。

さらに、腸が過敏になってしまうことから、自然な便意が訪れたときでも、トイレに座るのを待たずに出てしまうというように、自分で出すタイミングをコントロールできなくなってしまうこともふらふら

そして、個人的感想なのかもしれませんが、決して気持ちのいい行為ではないことexclamation×2

肛門から腸内にチューブを差し込むわけですから、違和感がとてもあります。

また、施術中は、下痢のときのような気持ち悪さもあり、いい印象は残りませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

腸内洗浄を受ける人全てがリスクを伴うわけではありませんし、快調に行なえる人もいるかもしれません。

しかし、私の効果と不快感では、不快感の方が勝ってしまい、あまり効果があったとは感じられませんでした。

腸内洗浄は、どうしても自力排便が困難な人で、医師から勧められたというときには検討してもいいかもしれませんが、基本的には最終手段として考え、出来る限り、便秘解消対策を試みることお勧めしますexclamation×2

私がひどい便秘を治せた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 便秘解消ゆみこ at 06:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。